意識はいつまで残るのか?思いを受け継ぐということ

当たり前だけど、人は死んだらこの世からいなくなります。

でも、「意識」とか「思い」って 残りますよね。

見えないけど、何となく…

 


今年に入ってから、ホームページ作成のお手伝いのお仕事をさせていただくことが増えました。

あ、ITに詳しいわけではないのですよ。

 

カウンセリングやセラピーのお仕事の延長ともいえるのですが

何かお話を伺っているうちに

その方のやりたいことや発信していきたいことが伝わってくるので、

それをホームページという形にしていくお手伝いをしているのですね。

 

具体的には プロフィール文を考えたり、

コンセプトや強みなどを文章にまとめたり、

イメージに相応しい写真を組み合わせてバナー等を作ったりします。

 

最初の一歩を踏み出すのは なかなか一人では難しいので

まずは私がお手伝いして、「たたき台」となるものを作ることで

「ここはこのようにしたい。」「ここはあんな風にしたい。」

という思いが どんどん出てくるようになるようです。

 

前置きが長くなりましたが

先日 素敵な美容院のホームページを作らせていただきました。

 

広島県の呉市の中心 本通にある「森岡美容室」様です。

 

なんと。

森岡美容室さんは、戦前に創業されて今に続いている歴史あるサロン。

 

サロンは ゆったりできる個別スペースで髪を切ってもらえるようになっていて

ラグジュアリー感もすごい。

ハンドマッサージのサービス等もあるから、ちょっとしたお姫様気分も味わえて

心の中からもきれいになるようです。

その時その時の 女性のニーズに対応し続けているからこそ

歴史が続いているのだなと思いました。

 

オーナーのよしこさん

お話していると 温かい人柄が伝わってきます。

 

サロンの2階、3階は イベントや多目的のスペースとなっていて、レンタルすることもできます。

 

ホームページの打ち合わせで初めて美容室に訪問させてもらい、よしこさんとお会いした時

帰りに素敵な冊子をいただきました。

 

森岡美容室を創業された 森岡姫子さんの写真や川柳を

孫である よし子さんが 冊子にまとめておられたのです。

帰り道、ふと開いて 涙がこみあげてきました。

なぜだかわからないけど。

 

激動の時代に美容院を創業し、子どもたちや後進を多く育てた姫子さん。

女性が美しくなるだけでなく、健康であってほしいという思い

それを支えるための技術は 細部まで手を抜かず、”高め続けていく””という「志」

そのような感覚?情報?が ワーッと私の中に入ってきた感じがしました。

 

「ああ…  思いって 生きてるんだ」と感じました。

 

思いの波動なのかな?

思いが高められて 高い意識になってるものというか

意志というか…

 

人の身体はなくなっても

意識は、その情報は

残ったり 人に受け継がれていくようですね。

 

あのサロンからも、よし子さんからも

この冊子からも

「あー 伝わってくるなぁ」 と

 

 

こんな素敵なサロンのお仕事に関わらせていただけて本当にありがたい。

うれしく思いました。

 

そして

皆さんにも 「森岡姫子さん」について 知ってもらいたいなと思ったので

ホームページの中に 森岡姫子さんのページを作っちゃいました。

(戦前、戦後の呉といえば アニメで話題になった「この世界の片隅に」の舞台です。

激動と大混乱の時代、美容室を創業されるなんて…本当にすごいですね)

 

ぜひ 皆さんに見てもらいたいです。

森岡美容室さんのホームページはこちらから

 

創業者の森岡姫子さんのページはこちら

(よし子さんの目線から 「私のおばあちゃん」という冊子にまとめられていたものからの抜粋です。)

お近くの方は、ぜひ サロンに訪れてみてください。

本当に素敵なサロンです。