カラダはからっぽ。生きて働いているのはエネルギーなのです。

前回の記事でも書いたように

人間はエネルギーを集めて放射する媒体です。

 

宇宙エネルギーはあたり中に遍満しているので

そのエネルギーの恩恵を受けて生きているのは、もちろん人間だけではなく動物も植物もみな同じです。

しかし、人間だけが意識によってエネルギーを集めたり方向性を持たせることができます。

「え?そんなことできないよ」

って思うかもしれませんが、

ものすごく怒った人からエネルギーが飛んでくる感じなどは

誰でも感じたことがあるかもしれません。

 

人は意識でエネルギーを強めたり、弱めたり、止めたり、飛ばしたり、注いだりできるのです。

 

レイキのアチューンメントを受けて、エネルギーを扱うことに慣れてくると

・遠く離れた人にエネルギーを与えることができるようになる。

・言葉によってもエネルギーを与えることができるようになる。

・病気の人のエネルギーを感じ、癒すことができるようになる。

身体の中でエネルギー不足になっている箇所は、手を当てると

チリチリと痛む感じがしたり、冷たく感じたりします。

 

病気とひとことで言っても、いろいろな症状のものがありますが

病気というのは 細胞や臓器自体が病気になっているというよりも

その場所にエネルギーが少ない状態、滞っている状態

エネルギーが届いていない状態なのです。

 

生きて働いているのは細胞や臓器ではなく、エネルギーです。

 

細胞や臓器、身体は エネルギーが流れていなければ

机や椅子など無機質な物体と同じようなものです。

カラダの細胞自体が生きているわけではなく エネルギーが生きて働いているのです。

そして私たちは 意識(心の働き)によってエネルギーを多くしたり少なくしたり流れを良くしたりできるので、心の状態が病気に結びついているのも納得できると思います。