しあわせを運ぶお人形 ルルテル 販売中!

レイキやっててよかった! ペットへのレイキ

うちは、人が5人とうさレイキやっててよかった! ペットへのレイキぎ2匹とワンコ2匹の家族です。

うさぎはもうすぐ9歳と8歳半

8歳半のうさぎは、娘が小学生の時に自分のお小遣いで買った子です。

すでに1匹うさぎが家にいたので、飼わないよと言ったのですが、

自分の誕生日と同じ日に生まれた子ウサギに出会ってしまい

ケージから何から全部 自分のお小遣いで買うから

どうしても飼いたい!といってうちの家族になりました。

 

動物に限らず、何かをお世話するという意識は

人を成長させるようです。

(私も子どもを育てることで、どうにか人としてやってこれた気もします)

うさぎの存在は、家族にとても大きな影響を与えてくれたと思います。

 

先日、8歳半のうさぎ(まろちゃん)が

急に元気なく

ぐったり横になっています。

数日前から 少し食欲も落ちていました。

 

えさを口の前までもっていっても食べようとせず

いつもは大好きなパイナップルさえ食べようとしません。

 

小さい動物ですから

あっという間に急変することもあり得ます。

 

座ろうとせず横になって苦しそうです。

 

すぐに病院に とも思いましたが

夜遅かったですし

とにかく 抱っこして レイキを流しました。

 

(娘も 抱っこして、自分なりにエネルギーを送っていたようです。)

 

8年半、いろんな時があったな

うさぎの存在自体に 支えられたことがたくさんあったな

最初はいろんな気持ちが湧いてきますが

流していると

「全て なるようになるし、最善のことが起きる

(もし いつお別れが来たとしても…)」

しずかな気持ちになれて

じーっとレイキのなかに うさぎと一緒に居る

ただ 居る

そんな感覚でレイキを流しました。

 

 

次の日

その次の日

すっかり元気になったまろちゃん。

 

レイキ すごいな!!!!!

 

 

レイキは 療法としても 効果があります。

 

ただ、人でも動物でも

必ずしも症状が良くなる というわけではありません。

奇跡的なことが 起こるべくして起きるときもあれば

そうでないときもあります。

 

うまく言えないけど、生きてるものは全て

病気にならないために生きてるわけじゃないからです。

生きるうえで いろんなできごとは 起きていて

その中に「病気」とか「死」ということもあります。

 

悲しいことが起きるのは嫌だけど

避けられないこともあります。

 

今回は 元気になってくれて本当に良かったけど

その結果以上に レイキがあることで

心を落ち着けて、できごとを体験できることが

素晴らしい感覚であることを実感することができました。

 

必要以上に 心配したり、悲しんだりせずに

やれることをやり

起きるべくして起きるできごとを体験していく。

 

動物相手なので、あまり不自然で無理やりな治療などはしたくないなというのが私の考え方です。

そういう意味でも、慌てて病院に行くよりも

家でしてあげれることがある ということだけでも

気持ちが落ち着きました。

 

レイキをやっていて本当に良かった と改めて思ったできごとでした。